最終更新日 2002/05/31

Tanka

| Home | Spiritual Freedom | Love Theory? | Tanka | Links | BBS | Diary |

 

素直な言葉・・・

 

素直な言葉で語るムズカシサ・・・・
いつしか時は過ぎ去り、夥しいほどの言葉を覚える。
そして、素直な言葉が使えなくなってしまう・・・

ティーンエイジャーの詩はいいな・・・って時々思う。
とてもボキャブラリーが少ない。
愛したり、泣いたり、微笑んだり・・・・・
とても言葉が少ない。
それでいて、言葉が少ないから、とてもストレート。
とても羨ましい。
まるで、ビートルズの歌詞みたい。

でも、詩と詞は違うと思う。
詩は、サウンドだ。
詞は、ソングだ。
何かどこかが違う気がしてしまう。

あたしは、いつの間にか、ソングにはあまり興味を感じなくなってしまった。
人間は、声だ。
感情のキャッチボールは、大抵、声のトーンで決まる気がする。
そこがどこか動物的であり、それでいて、発話には、意味が概念として含まれてしまう。
一方で、声のトーンがあり、一方で、意味がある。
それが合致していれば、素直・・・
ところが、同じ言葉でも、言い方が違えば、素直どころか嫌味にも響いてしまう。
だから、あたしはいつしか人の言葉もサウンドで理解するようになってしまった。
もちろん、意味は意味で重要であり、発話のタイミングもあり、そして、沈黙の間合いすら、時にメッセを含んでいたりする・・・
ソングに休止符があるように、会話にもインターバルがある。
その間合いに、次に何を語ろうか考えているのかもしれないし、相手の言葉の意味を考えているのかもしれない。
すべてが一連のフレーズとして、見えない糸となり絡み合うのが会話なのかもしれない。

独り言は、ラクだ。
すべて自分のリズムで書いている。

とはいうものの、近頃は、あまりテキストを書かなくなっている。
もちろん以前と比較すれば・・・なのだけれど。

あたしは、単に発作的に短歌を詠み始めたに過ぎない。
きっと一人では続かなかったと思う。
気楽におしゃべりするように、短歌を詠んでいたに過ぎない。
短歌を詠むために言葉を探すのではなく、言いたいことを単に、31文字に凝縮して伝えているに過ぎない。
だから、一句を大事にしたことがない。
その時々の気分で思いついたことを書いているだけだから・・・

ところが不思議だ。
この句が好きと言われる句は、どれも自分ではあまり記憶にないような句ばかり。
詠んだことさえ忘れてしまっているような句がいいらしい・・・

素直な言葉か・・・・

歌詠みの短歌は、言葉が素直・・・・

想いを乗せて、希望を歌に秘め?

自分では、悲観的なサウンドのほうが好きなんだけど・・・
きっとそこが違うのかもしれないな。

(『屁理屈にっき』 2002/01/18より)

 

 

トップへ戻る?

 

| Home | Spiritual Freedom | Love Theory? | Tanka | Links | BBS | Diary |


 

 

【ホームページ作成講座】 | 本・漫画・DVD・アニメ・家電・ゲーム | Webコンサルティングサービス
業界NO1のライブチャット | 自宅でで学べる!CAD資格合格講座 | 20GB 無料のオンラインストレージ
★薬草の資格が取れる! ⇒ 【薬草ガーデン講座】 | 最新ニュース | Web検索 | ドメイン | 無料HPスペース